脱公務員母、フリーランスで生きる!

忙しかった高校教員を辞め、田舎でフリーランス生活。収入は半減。育児はてんてこ舞い。目指せ、前職以上の収入と家族の幸せ!!

娘の不在

娘の通う小学校では、今日から明日にかけて修学旅行が始まりました。

 

今年はコロナ禍ということもあり、県をまたいでの移動はなく県内での旅行です。
私たちの住む県は東西に長いので、西へ東へと移動するとかなりの距離になるのですが、一泊二日で県内の主立った観光地を回って帰ってくるようです。
県内の観光地ということで、どこもいったことのある場所ばかりで目新しさはないのですが、この状況下で無事に修学旅行を行なって下さることに感謝です。
 
娘は自分で目覚まし時計をかけて5時半に一人で起床し、10分後に私が起きた時には、着替えなどはもうすでにすませていました。
朝ごはんなどの準備をして6時40分に学校へ出発です。
大きな荷物があるので、保護者が車で送ることになっています。
 
その間、小学校3年生の息子が一人で朝の準備ができるとは思えなかったので、夫に無理を言って朝の出発時間をずらしてもらい、息子の面倒を見てもらうことにしました。
 
小学校には、7時にはほぼ全ての子ども達が集合完了し、校長先生のあいさつや注意事項の伝達などがありました。そしてその中には送迎をしてくださった保護者の方への挨拶、というものもあり、代表の子どもさんが寂しいかもしれないけれど、いろんなものを見て勉強して帰ってくるので待っていてください」と大きな声で私たち保護者に向けて挨拶してくれました。
「寂しいかもしれないけど」というのが、自分たちのことなのか、私たち保護者のことなのか・・・?きっと、親ですね。子どもはさみしくなんかないはず。
 
そんなこんなで、娘のいない一日が始まったのですが、お昼ご飯を食べながら、ふと、熱帯魚の水槽の明かりがついていないことに気がつきました。熱帯魚の朝の面倒は娘の仕事なので、餌をやり忘れて行った、ということになります。
まったくもう」と思いましたが、同時に、「あー、いないんだなぁ」としみじみと感じてしまったりして。
 
でも、今頃娘は、友達や先生と一緒に、楽しく県内の観光(勉強?)をしているはずです。そう思うとあまり寂しさはないかな。
 
今夜のメニューは、娘の嫌いなトマトや玉ねぎを使って、トマトとツナの冷製パスタ、オニオンのチーズ焼き、その他です。
f:id:datsukoumuin:20210623182334j:plain f:id:datsukoumuin:20210623182531j:plain

 

明日の夕方娘達が帰ってくるまで、私たちもしっかり娘のいない時間を楽しもうと思います😏
 
 
 

↓ランキングに参加しています

ポチッとしていただけると、励みになります(^^)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村