脱公務員母、フリーランスで生きる!

忙しかった高校教員を辞め、田舎でフリーランス生活。収入は半減。育児はてんてこ舞い。目指せ、前職以上の収入と家族の幸せ!!

子どもの送迎、絶対事故らない!!

今年に入ってから、子ども達の送迎が増え、夕方に運転する回数が激増しました。

f:id:datsukoumuin:20210610095703j:plain


どれぐらい増えたかと言うと、
月曜日︰娘を学校まで迎えに行って駅へ送る。息子をサッカーに送る。息子のサッカーを迎えに行き一度家に寄った後娘を駅まで迎えに行く。(計4往復)
火曜日︰仕事で学童へ(計1往復)
水曜日︰娘を学校まで迎えに行って駅へ送る。娘を駅まで迎えに行く。放課後活動をしている息子を学校に迎えに行く。(計3往復)
木曜日︰仕事が終わってから息子をサッカーに迎えに行く。計1往復)
金曜日︰娘を学校まで迎えに行って駅に送る。駅まで迎えに行く。(計2往復)
 
この他にも自分の日常生活で使うこともありますが、夕方の運転何が大変かって、ちょうどラッシュと重なるんですよね。自分の用事は、なるべく車が少ない時を狙って出かけますが、子どもの送迎も仕事も時間が決まっているのでこればっかりは仕方ありません。
でもラッシュ時の運転、本当に嫌なんですよね。
 
私は田舎に住んでいますが、それでも夕方の交通量は半端なく多いです。しかも片側一車線ずつしかないような道では、誰かが右折しようとすると車の流れ自体が止まってしまうこともあります。
 
もちろん、自分が目的地に着くために右折しようと思っても、車が切れ目なく進んでいる時にはなかなか右折することもできません。やっとのことでちょっとした切れ目を見つけて急いで右折しようとすると、右折した道の向こうから対向車が急にやってきてヒヤッとしたり。
 
交通量が多いので危険な要素がいっぱいある上に、これだけ混むとどうしても自分も他のドライバーさんもイライラしたり無理をしてしまうので、事故が起きる確率はとても高いのではないかと考えるようになりました。
 
夕方私が子供を乗せて運転するのは、家から学校と駅とサッカー場です。近場ではあるので、右折を避けるだけで大分危険性が低くなるんじゃないかと思いました。そこで、いつもとルート変更をして少し遠回りになるんですが左折で行けるような道を選んで行ってみることにしました。
 
その道は、はっきり言ってちょっと遠回りなんですが、信号以外で止まることなくゴールにたどり着けて、気分的にとても楽だったんです。
 
左折する際に後方の巻き込み確認をする必要はありますが、向こうから対向車が道を塞いでいつまでも曲がることができない、なんてことがありません。加えて「いつになったら行けるんだろう。間に合うかな」と思うこともありません。
 
距離が長くなったぶんは、少し早めに家を出ればいいだけ。所要時間を予測することができるので、間に合わないかもしれないとヒヤヒヤすることがなくなったのはすごく大きかったです。
 
それと、右折する時には信号のある交差点を通ればいいんだと気づきました。
 
以前、どこで右折してもゴールには着くのに、何も考えず、いつもと同じようにゴールに一番近い、信号機のない交差点で右折しようとしたことがあります。日中はそんなに混んでないのでそこで右折しても特に不便はなかったんです。でもラッシュ時には、車の流れが全然止まらず、長らく右折待ちをするはめになってしまいました。こんな時は、短い車間距離の間を無理に右折しようとするので、本当に危険ですよね。
 
でも信号がある所なら(たとえ右折専用のものがなくても)、時間はかかるかもしれませんが、確実に右折することができます。ちょっと意識して信号のあるところで右折するようにすると、危険を感じることが減り、安心して運転できるようになりました。
 
ラッシュ時の運転は本当は避けたい。
でも、帰宅するため、子どもの送迎をするため、そんなこと言ってられないのも事実ですよね。なんとか、危険なく安全に運転ができるように、目的地まで左折で行けるようなルートを選ぶ。右折したい場合は、なるべく信号がある交差点を利用する。この2点を意識して、自分も事故を起こさず、事故にも巻き込まれず、安全・安心に子ども達とラッシュ時の道を走りたいと思います。

 

 

 

 

 

 

↓ランキングに参加しています

ポチッとしていただけると、励みになります(^^)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村