脱公務員、悩みだらけのフリーランス生活を送る

脱公務員してフリーランスになったけど、やっぱり悩みはなくならない?!

高学年男子、女湯に入ってこないで~

こんにちは。

今年の目標「週に一度温泉に入る」

鋭意実行中のです。

www.datsukoumuin.com

 

冬はいいですよね。

長風呂してものぼせにくいし

湯から上がった後は適度に涼しいし💕

 

今シーズンはまだできていませんが

雪見風呂なんて、もう最高!!

源泉かけ流しの雪見露天風呂

 

そんなこんなで温泉大好きなんですが

初めて、

温泉で「ひぇぇ~」な経験をしてしまいました。

 

脱衣所で

服を脱ぎ終わり

さぁ、これから温泉よ!!

と息巻いている時に

 

元気のよい

小学校高学年らしきお兄ちゃんと

中学年らしき弟君

「おかぁさんのロッカーどこかなぁ?」

と言いながら入ってきたのです!!

 

なんだ?おかぁさんがここにいるのか??

おかぁさんが風呂から上がるまで待てないほどの

緊急事態なのか?!

一緒に探してあげた方がいいのか?

でも、この年ならもう

女湯には入ってきてはいけないのではないのか??

 

いろんな思いが頭の中を駆け巡ります。

その時脱衣所には私だけ。

男の子たちと私の視線が絡み合います。

きっと、鬼のような形相をしていたことでしょう。

だって、すっぽんぽんだったんだもの、私。

 

小学1年の息子、

そして教えている生徒さんたちの言動から

小学校高学年・中学年の考えそうなことは

よくわかります。

 

あんたたち、入ってくんじゃねぇ!!

(わたしの憩いの時間をじゃまするな!!)

 

そんな思いで二人をにらみつけ

浴室へと向かいました。

そこには、おしゃべりに花を咲かせている

おばあちゃんが二人。

体を洗っている人たちもみなおばあちゃん。

 

どこにかれらのおかぁさんがいるんだ???

 

男の子たちは浴室までは入ってきませんでした。

中に入ってきていたら

ほんとうに怒り心頭だったと思います。

さっきの二人はいったい何だったんでしょうね?

女湯と男湯の入り口には番頭さんがいたのに。

 

「男子は何歳まで女湯に入れるか」

 

これはよく話題になっているようです。

気にしない派の意見としては

 

・小さかったらしょうがない

・小学生はいいのではないか

・母しかいなければ仕方ない

・相手は子供。自意識過剰では?

 

まぁ、幼児が入ってくることに

目くじらを立てる気はありません。

たしかにつるつる滑る温泉は危ないですからね。

でも、この子たちは小学生ですよ。

「母しかいなければ仕方ない」

小学校でも女子トイレに来させますか?

家族風呂、3つもありましたよ~。

「相手は子供」

子供も女性の体に興味津々ですよ。

レッスン中も

"six"を”sex"と読んで喜ぶような年頃です。

 

ただ、問題なのは

何歳までならOKなのか

基準があいまいなこと、だと思うんです。

 

兄弟2人で風呂に入れるような

高学年・中学年なら

もう入ってはいけないと思うんですが、

(たとえ脱衣所だけでも)

まだ大丈夫、と思う方もいらっしゃる

というわけで。

マルを出す犬のキャラクターバツを出す犬のキャラクター

 

調べてみると、なんと、

混浴できる年齢は、

条例で決まっているだそうですよ。

条例で決まっていない府県についても

国が決めている

「おおむね10歳以上の男女を

混浴させないこと」

の管理規定に従っているようです。

でもそんな規定、見たことないですよね。

せちがらくなるから

周知徹底してないんだろうなぁ。

「おおむね」ってところも幅があるし。

 

進んでいるところでは、

条例が定められた数十年前とは

社会情勢も(性犯罪の低年齢化)

子どもたちの発育のスピードも

変わってきているため、

条例よりも低い年齢で制限を設けている

温泉組合もあるんだとか。

 

参考にさせていただいたサイトが

コチラ

銭湯で子どもは何歳まで混浴できる? 条例より年齢引き下げ、身長で制限する浴場も - 弁護士ドットコム

 

今回は私一人だったのですが

もし、娘と一緒だったらと思うと

ヒヤリとします。

小4の娘は

家族ぐるみでいろんなところに旅行に行くほどの

仲良しの男の子とも

お風呂には一緒に入ろうとしません。

 

これからは

注意事項のところに

女湯に入れる男子の制限が明記されていれば

安心して利用できるのにな~

と思ってしまいました。

 

 

 

 

 

↓ランキングに参加しています☆彡

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村