脱公務員、悩みだらけのフリーランス生活を送る

脱公務員してフリーランスになったけど、やっぱり悩みはなくならない?!

フリーランス 自分にとって大切なものは?

フリーランスで成功されている方のブログに打ちのめされた!

 

フリーランスを選んだ一番の理由は

収入ではなかったにもかかわらず

フリーランスで成功されている方のブログを読んで

「ああ、無理だ」と落ち込んでしまいました。

f:id:datsukoumuin:20191024202146p:plain

 

もし、あなたも似たようなことで

苦しんでいらっしゃるなら、

もう一度なぜ「フリーランス」を選んだのか

思い出してみてください。

 

 

当然ですが、フリーランスにもよい面とツライ面がありますよね。

 

フリーランス 辛い

フリーランス 後悔

 

等のワードで検索すると、多くの記事がヒットします。

読んでいて共感する部分もあるし

そんなにひどい?と驚いたり。

 

「自分で仕事や価値を生み出せる人」

「一人でいろいろな雑務に対応できる人」

「失敗しても諦めない人、粘り強い人」

「スキルを磨き続けていける人」

「孤独に耐えられる人」

でなければ、フリーランスには向いてないよ!

 

みたいな論調の記事が多かったかな。

 

確かにその通りだと思います。

そこが辛いし、でも頑張っている部分でもあり。

 

反対に、フリーランスのメリットとして

 

収入が青天井(天井なし)

 

ということが挙げられていました。

 

月に何百万稼ぐよ、とか

ブログや投資殻の収益で

以前勤めていた会社の給料を軽く上回ったよ、とか。

 

すごいなぁ・・・のひとことです。

 

それにひき替え自分は、と思うと激しく自己嫌悪。

 

でも、フリーランスの良さは

莫大な収入を手にする可能性があること、

だけではないはず。

 

そもそも私が脱公務員をしたのは

 

自分の体調が悪くなったこと

家族で過ごす時間が取れなくなって

家族がおかしくなってきたこと

 

が理由でした。

 

フリーランスになったから

 

毎日8時間しっかり睡眠がとれるようになった

まぶたのけいれんが収まり、頭痛も減った

子ども達と一緒に過ごす時間が増えた

参観日や学習発表会など、学校行事に

いってやることができるようになった

子どもが熱を出したとき、自分で看病できる

家がいつでもキレイ

動物を飼っても世話ができる

ベランダの植物を枯らさずに育てられる

休みの日は家族で楽しめる

主人とのケンカが減った

 

 

 

まぁこれは、フリーランスでなくても

「専業主婦」になったとしても同じ効果が

得られるのだと思いますが。

 

じゃぁなんでフリーランスなのか。

 

結婚して、子どももいる女性の場合

退職するにしても

なぜ「専業主婦」ではなく「フリーランス」なのか。

自分が「フリーランス」に求めるものを

きっちりと把握しておかないと

私のようにムダに悩むことも出てくるんだと思います。

コーヒー, 雑誌, 新聞, 読み取り, 読書, 自由時間, 仕事の後, 花

 

自分の体調や、家族や自分の幸せを考えて

脱公務員した。

でも、足かけ20年関わってきた英語教育、

それを続けたい。

子ども達によりよい英語指導をしていきたい。

だから、「専業主婦」でもなく

「パート勤務」勤務でもなく

仕事の場所や時間をある程度自分で決められる

「フリーランス」を選んだ。

 

ここの部分をいつも頭に置いておかないと

収入が~、とか、もっと作業量を~、とか、

自分の目的とは合わないファクターで

自己評価してしまって落ち込む・・・

なんてことになってしまうんですよね。

収入アップももちろん目指したいことだけど

それは基本をきちんと踏まえた上で

できる方法を探していかなくては。

 

フリーランスにも、

いろいろな立ち位置があって当然です。

 

自分にとってフリーランスのメリットの中から

どのメリットを活かしたいのか優先順位を決めて

1つずつクリアしていく中で

いろんなメリットを受け取れるよう

キャリアアップしていきたいと思いました。

 

スキルのフリマ【ココナラ】

ランキングに参加しています

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村