脱公務員、悩みだらけのフリーランス生活を送る

脱公務員してフリーランスになったけど、やっぱり悩みはなくならない?!

「身の丈」受験なんかしないもん!!

知恵を使って「身の丈」を伸ばすんだから!!

ぶーたれた女の子 

 

萩生田(はぎうだ)大臣の受験生に対する「身の丈」発言が

大炎上し謝罪に追い込まれましたが

2020年度から始まる※大学入学共通テストには不安しかないですよね。

まだ決まってない部分も多々あるし。

 

※11月1日に、2020年度から始まる

大学入学共通テストでの英語の民間試験活用について

急きょ導入が見送られることが発表されました。

今後1年を掛けて新たな制度を検討し

24年度からの実施を目指す、などと大幅な変更へ。

 まったくもって、どうなるか未定です。

 

受験はまだまだ先だけど

なんか大変そうだから

小さいうちから英語を習わせておいた方がいいかな。

でも、英語教室はたくさんあるけど

いったいどこがいいのかよく分からない。

送り迎えも忙しいし・・・

もちろんお高いところはちょっと・・・

 

そんなお悩みをお持ちのお母さん・お父さんに

参考していいただければ嬉しいです。

 

                                        

先ほどの萩生田大臣の発言ですが

保護者として

「親の経済力や住む地域によって格差が生じる受験制度なんてあり得ない」

ハイ、それだけです。

受験なんて過酷なレースにかわいいわが子が参戦するのだから

せめて公正なルールで出場させてよ!って思う。

 

萩生田大臣の言う

「裕福な家庭の子が回数を受けて、ウォーミングアップが

できるみたいなこと」

は、実際に試験を受けなくても

過去問を学校で時間計ってやってみるとか

工夫次第で解決できるかもしれない。

 

英語民間試験には

受験料が2万5000円を超えるものがあったり、

会場が都市部の10地区でしか受けられないものもある。

でもそれには補助金を出したり

受験料の低い試験と高い試験の間で

結果に差を付けすぎないとか

いろいろできるんじゃない?

 

格差をちぢめるために考える余地はたくさんあるし

そういう「なんとしても格差を埋めていく」っていう

前向きな姿勢を政府、特に文科省には見せて欲しい。

 

それを「身の丈に合わせてがんばって」って・・・

 

受験生も大迷惑だし、保護者としては腹が立つし

実際に教えていらっしゃる先生方の

ご苦労や裏切られた感は計り知れないと推察します。

 

「大学受験」は高校生以上がするけど

英語を習っている小学生と授業で初めて触れる小学生の間に

すでに「英語格差」は生まれています。

 

問題を大きくしているのが

英語教育法についてまったくの素人の先生が

教えていらっしゃるところもあること。

せめて、小学校で英語を教えるのは

英語の専門の先生にして欲しい。

嫌いになっちゃうじゃんか・・・

 

私は高校教員として中規模普通校・実業高校・大規模進学校の

3校で英語を教えてきましたが、

中学校から英語を学び始めた生徒達でも

高校入学時の英語の成績は大きくかけ離れていました。

もちろん、英語に対する姿勢も全く違ったものでした。

同じ学校の中での話ですよ・・・

 

英語は単語の意味を知ったり、文法を理解するといった

「学習的な面」

何度も反復練習をして定着させていく

「実技的な面」を両方持った教科なので

他の教科より時間がかかるのです。

 

「頭が良いか」ではなく

「努力できるか」を計るのにうってつけなので

大学入試では理系・文系関係なく出題される教科でもあります。

 

今までの「読み・書き」重視で

「話せるようにならないじゃないか!」という反省を元に

来年度から始まる大学入学共通テストでは

「読み・書き・聞く・話す」の4技能が試験されます。

 

そもそも日本語でだって議論することが苦手な生徒達

英語で即時に話すだなんて

とほうもなく難しいことに思えます。

 

そこへ来た「身の丈発言」

 条件が悪い人は悪いなりに頑張れ、ってことですか?

 

我が家は東京から600キロ以上も離れた片田舎だし

年収も1000万なんて絶対に手が届かない庶民ですが

国が格差を是正してくれなくても

なんとか知恵を使ってわが子を守るわ!!

 

だって、私たちにはネットがあるんですもの!!

f:id:datsukoumuin:20191024202146p:plain

 

うちの小4娘と小1息子は

週に1回私がやっている英語教室でレッスンを受けている他に

もう一つ、英語をしています。

それは、ネット上の英語教室 リップルキッズパーク

 

ここの先生はすべてフィリピン(セブ島)の先生達。

私も、なぜフィリピン?と思いましたが理由があります。

公式HPから引用すると

リップル・キッズパークの先生は、厳しい採用条件をくぐり抜けた実力派。 採用後も、3週間の研修期間があるので、先生としてのスキルは折り紙つきです。

私たちが採用するのは、すべてフィリピン(セブ島)の先生。 意外に思うかもしれませんが、フィリピン人の英語力は世界でも稀に見る高さで、アジアの中では、もっともネイティブに近い発音で話すことができるのです。

また英語を話せる人の数も、アメリカ、イギリスに次いでなんと世界第三位。 さらに第二母国語として英語を身につけているので、英文法や単語など、学習のコツや悩みを、日本人と同じ目線で理解している点もポイントです。

 

先生達は全員研修を受けたプロフェッショナルなのですが

実際に受けてみると、パーソナリティに違いがあります。

娘や息子と性格的に合う・合わない先生もいらっしゃいます。

でも、先生は選べるので

いろんな先生とレッスンしてみることで

相性のよい先生にきっと出会えます。

 

どんな先生に習っているの?

例えば・・・

まだ英語がしゃべれず、集中力もない息子は

子ども心をつかむのが上手な先生に習っています。

 

息子が上手に言えると「タラ~ン♪」と口で効果音を付けながら

ネットでおもちゃやおやつなどの画像を見せて

ごほうびをくれたり、

 

息子が眠そうだと急きょレッスン内容を変えて

英語の歌を流して一緒に歌ってくれたりします。

 

だいぶん英語が分かるようになってきた娘は

推察力がある先生に習っています。

 

娘のつたない英語を辛抱強く待ってくれ、

娘が日本語でしか言えないところは

たくさん推測してくれたり、

その日本語で先生が画像検索をしてくれ

「これ?」って聞いたりしてくれます。

そしてコミュニケーションがとれたら

先生はとてもほめてくれるので

娘には大きな自信が付きました。

 

親は見守る必要があるの?

慣れるまでは、親が子どものそばにいて

今何を求められているのか

(先生の言った単語を繰り返すのか、

 さっき練習したフレーズで先生と会話練習をするのか、など)

教えてやる必要がありますが

お気に入りの先生とのレッスン回数が増えると

子どもだけでもできるようになっていくんじゃないかと思っています。

 

教科書は用意すべき?

レッスンで使う教科書は、画面で共有してくれるので

なくても大丈夫ですが

効果を高めるためには復習が必要なので

ぜひ、教科書は購入されると良いと思います。

うちの子ども達はイギリスで作られた

オックスフォード社の

LET'S GOシリーズを使っていますが、

メルカリで買ったり、オークションで中古を探したりしています。

(もちろんネット上の英語教科書を販売しているサイトからの購入も可能)

 

他に良い点は?

送迎がないのも良いし

風邪や都合でできないときも

レッスン開始4時間前までならキャンセルや振替が可能なのも

ありがたいです。

1回が25分というのも集中力が続かない

幼児や小学校低学年にはちょうど良いです。

 

費用はどのくらい?

そして何よりも助かるのが、

1回あたりのレッスン料がお安いこと!!

 

例えば週1回のコースなら、月税込3122円で

週2回コースなら、月税込み4888円。

 

回数が多くなるにつれて1回分のレッスン料は下がっていきます。

 

で、さらに兄弟で一緒に受講しても料金は1人分なんです!

週2回コースに登録して

娘と息子2人で分け合っています。

1人あたり2400円/月ちょっとですね。

兄弟がいると、習い事に掛けるお金が2倍、3倍・・・

ってなるのがイタいじゃないですか。

その点、1人分のお値段で済むというのは

とてもよい制度だなと思います。

 

しつこく勧誘されたりしない?

実際に教室を構えたところだと

体験に行ったらしつこく営業掛けられるんじゃないかと

おっくうになったり、

入会してしまうと教材費なんかを前払いするので

解約しにくかったりしますよね。

 

ですが、リップルキッズパーク では無料体験レッスンが

受けられますが、

体験レッスンを受けた後に

「電話勧誘」されることもありません。

メルマガは届きますが

英語教育に関して役立つ情報が載っているので

読んでみても面白いですよ。

 

忙しくなったら休会・退会も自由です。

 

この気軽さが長く続ける秘訣なのかな、と思います。

 

無料体験レッスン、

ご興味がありましたらぜひトライしてみて下さい。

 そして、子どもさんの反応を見て

楽しそうだったら短期間でも良いので続けてみて下さい。

「英語」って楽しいんだな

そう思ってくれたら第一関門は突破ですね。

 

 

 

 

ランキングに参加しています

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村