脱公務員、悩みだらけのフリーランス生活を送る

脱公務員してフリーランスになったけど、やっぱり悩みはなくならない?!

前職の反動? 夜中、起きられない・・・

 

f:id:datsukoumuin:20191013023329j:plain

 

高校教員(英語)をしていたころ、夜中や早朝は仕事の時間でした。

当時子ども達は3歳とか6歳。

8時半ごろに寝かしつけをして、深夜の2時、3時に起き出して

翌日の予習や授業の準備、テストの採点などをしていました。

 

15年以上も教員をして経験も積んだんだから

予習しなくても、授業できたらいいのに・・・と

何度も思いましたが

文章を読んで、文法や物語の流れを押さえたり

どのような質問をして内容理解につなげていくか、など

事前準備をしておかないと

授業でしどろもどろになってしまうような気がして。

 

扱う内容も時事問題だったり

難しい理系の内容だったりするので

(太陽系も回ってる、とか!)

わかりやすくまとめた英語の教育番組をさがしたり。

 

生徒達に自己表現をさせるために

レッスンと関連のある自己体験や考えを

英作文させて、添削することもしょっちゅうでした。

 

教えるからには力のつく授業をしなくては!

当時の私はそう考えて、

できる限りのことをしていたような気がします。

 

田舎の進学校で、

大学進学まで塾や予備校ではなく学校が面倒を見る

という校風のため

一人一人の教員にかかる責任は、とても大きかった。

もちろん、それは今でも変わってないはず。

 

深夜に起き出すときも

「予習しないと良い授業ができない」

「採点しないと生徒に迷惑がかかる」

というような恐怖心で起きていました。

 

 

当時はそれが当たり前だと思っていたけど、

自分で自分を追いつめていたのかもしれないですね。

 

 

ただ、教員を辞めてフリーになった今は、

夜中にまで仕事をすることはまずありません。

 

レッスンはだいたい午後から夕方に入れているので

午前中に準備すれば十分間に合います。

 

今では、6歳と9歳になった子ども達と一緒に

9時半にベッドに入り、

そのまま朝まで寝てしまうようになりました。

 

 

でも、理想をいうと、もうちょっと起きていたい。

寝かしつけをしなかったら

起きていられそうな気はするけど

子ども達の「お母さん、一緒に寝よ」には

勝てなくて・・・

 

早朝に起きようかと思っても、

あの頃のような起きる理由が見つからない・・・

それに、もう、あんな思いしたくない、

いや、無理だし!と

体が拒否反応を示して

早起きができなくなってしまいました・・・

 

フリーランスになって2年半。

おかげさまでお仕事は順調に増え、

週5でレッスンを受け持つことができているけど

収入的には教員をしていたころには

遠く及びません。

でも、あんな忙しいのはもうたくさん。

夜も寝られないほどの仕事はしたくない、と

営業活動をしたくない自分もいます。

 

まさか、これは前職のトラウマなのでしょうか?!

 

フリーの期間が長くなれば

夜中に起き出すことに

こんなに拒否感を持たなくなるのかな?

長時間睡眠、まだまだ続きそうです・・・

f:id:datsukoumuin:20191013024600j:plain