脱公務員のよくばりライフ!

残業&持ち帰り当然の公務員ママだったけど、家族と体が壊れそう!フリーランスに転身して「じぶん時間」と「かぞく時間」、おまけに「収入」の充実なるか?!

虫の音から国際理解

英語圏、虫の音は雑音扱い?!

もうすっかり夏ですね。

ご近所から

「じー、じー♪」とセミが鳴く声が聞こえてきます。

 

セミは英語で cicada (スィケイダ) 。

「じー、じー」「ミーンミーン」に相当する語はないんだそう。

虫の声は雑音扱いだから。

 

ちょうど先週firefly(ホタル)を見に行って、

感動して帰ってきたのですが、

そのとき調べたサイトに、

「ホタルにこんなに風情を感じるのは日本人だけ。

外国では単なる光る虫、程度の扱い」 だって。

 

まぁ、暑い夏にあぶらゼミの声を聞いて「風情あるな」とは

よほど冷房の効いたところでアイスでも食べてなきゃ

無理なのかもしれないけど。

 

でも、夏の終わりに聞く「つくつくほうし」は

涼しさや、一抹のさみしさを感じられて

好きな方も多いのでは?

f:id:datsukoumuin:20191017090431j:plain

kabuyochuさんによる写真ACからの写真

 

身の回りの虫たちに季節を感じたり、

それをわざわざ見に行ったりするのって

日本人ならではの価値観なのかな。

外国のことを知ったからこそ、なおさら強く感じます。

 

虫の音から「国際理解」なんて

ちょっと大げさな気もしますが、

あるひとつの事柄にもいろいろな見方があるのだと知って、

じゃあ自分はどうなのか、と振り返ることって

すごく大切なことだと思います。

 

今や外国籍のクラスメイトだって普通にいたりする時代。

欧米や中国・韓国の人だけじゃなくって

ブラジルの人だったり、インドネシアやインド、

イスラム圏の人もいる。

 

同じ考えの人、同じ人種だけでかたまっていてもよくない。

そんなことは分かってる。

でも、自分とは違う考え方を理解するのって

とっても難しい。

 相手を理解する=歩み寄り だから。

自分ばかり歩み寄ってばかりじゃ、負けそうな気もする。

 

相手に歩み寄る優しさと

その上で両方にとってベターな方法を主張し、

交渉しながら引き出せる強さやしたたかさを持った人こそ

よりよい状況を作りだせるんだろうなぁ。

 

子ども達に英語を教えながら

忘れてはいけない視点だと考えています。